お祝い

  

現代の電報

ギフトとブーケ

昔から、結婚式では司会が電報を読むというコーナーがありました。祝電披露です。そこで登場する電報の中には、最近ではぬいぐるみを使ったものなど、お洒落でユニークなものもたくさんあります。

詳細を確認する

指輪の物語

花束を用意

結婚指輪は、一説によると古代ローマから続く歴史ある風習です。現在でもさまざまなブランドが、台座の上に永遠の輝きを放つ宝石を据えた美しい結婚指輪を生み出し、カップルに愛されているのです。

詳細を確認する

結婚式の前に

ハートのバルーン

結婚式を迎えるその前に、前撮りで結婚写真を用意するということが出来ます。ドレス姿でも、和装でも、室内でも屋外でも思いのまま。希望通りの服装で、希望通りのロケーションで、写真を撮ってくれるのです。

詳細を確認する

式場の選び方

ギフトとグラス

結婚式場の定番は、専門の式場やホテルのホール。しかし、最近ではカップルひと組ずつが、それぞれの希望に合わせて、さまざまな場所を選び、式場に仕立てています。自由に、挙げたいように、挙げることが出来るのです。

詳細を確認する

はやりの結婚式

風船が飛んでいく

結婚式にも、もちろん「はやりすたり」というものがあります。チャペルを結婚式場とするチャペル式は相変わらずの人気ですが、最近では白無垢と紋付袴で行う神社での神前式も、流行しています。

詳細を確認する

みんなに使われるまで

美しい花嫁

戦前から電報はありましたが、庶民が結婚のお祝いに多く祝電を贈るようになったのは戦後のことであるとされています。1985年ごろからメロディつきのもの、押し花をつけたものや刺繍電報などただ単にメッセージに台紙を付けて贈るものではなくそのようなプラスアルファをつけて結婚祝いの電報を贈ることが普通になってきました。1998年初めてハローキティのぬいぐるみ電報ができてから、くまのプーさんのぬいぐるみやドラえもんのぬいぐるみなど、次々と登場し、人気になりました。2003年、民間の会社がこの市場に参入できるようになってきてからは、さまざまな会社がさまざまなぬいぐるみ電報を用意しているため現在では多種多様な種類が世に出ています。

結婚祝いのメッセージを贈りたいという人たちは今後も増大すると考えられます。現在の結婚式には多様な形があり、家族だけのウェディングや入籍後何年かたって挙げる子ども連れの結婚式も少なくありません。 そのような中で、子どもにも好かれるぬいぐるみ電報は今後もより一層必要とされると考えられます。その価格帯においても、大きなぬいぐるみをあしらえた高価なものから、机の上などに少し飾っておけるようなコンパクトでお手頃な価格のものまでその幅が広がっていくと考えられます。 ぬいぐるみに使われるキャラクターも多くなってきていますので、新郎新婦やその家族にあったものを選ぶという楽しみは今後もより強まってくると考えられます。


オススメリンク

  • 株式会社レティクル

    結婚式のオープニングムービーでゲストの心をわしづかみにしませんか。新郎新婦の登場前に会場が和やかな雰囲気になること間違いなし!
  • 会費婚

    自己資金額がとってもリーズナブル!人気がありますよ。会費制結婚式を挙げよう。こちらで優良情報を紹介しているのでチェック。